トピックス >> 記事詳細

所裕子教授ら、光スイッチング効果を示す超イオン伝導体を発見

2020/03/17  Tweet ThisSend to Facebook
本学類を担当している所裕子教授らが、光スイッチング効果を示す超イオン伝導性極性結晶を開発しました。本成果は、超イオン伝導性と極性結晶構造が共存する物質を合成することによって実現したものです。
詳しくはこちらの注目の研究のページをご覧ください。