トピックス >> 記事詳細

辻本助教ら、超伝導体テラヘルツ光源の同期現象を初めて観測

2020/05/16  Tweet ThisSend to Facebook
応用理工学類の辻本学助教らの研究グループは、京都大学大学院工学研究科の掛谷一弘准教授、パリ高等師範学校のDhillon博士らの研究グループとの共同研究で、超伝導体テラヘルツ光源の同期現象の観測に成功しました。

詳しくはこちらの注目の研究のページをご覧ください。