トピックス >> 記事詳細

近藤准教授ら、ホウ素と水素のシート状物質"ボロファン"を初めて生成

2017/09/28  Tweet ThisSend to Facebook
本学類を担当している近藤剛弘准教授らの研究グループが、二ホウ化マグネシウムと呼ばれる物質を原料に用いた、これまでにない新しいシート状物質(ホウ化水素シート)の生成に成功しました。ホウ化水素シートはボロファンという通称名で既に理論的にその存在が予想されており、新しい水素吸蔵材料や電子材料としての優れた特性が期待されていました。本研究は、この物質の生成を初めて実現したものです。
詳しくはこちらの注目の研究のページをご覧ください。