概要

現在の科学技術の多くが物理学に基礎を置いています。 応用物理は将来の高度産業社会を支える基盤技術の研究開発を行う学問分野です。 この主専攻では、先端的な計測技術をはじめ、工学の基盤となるさまざまな物理的手法に関する教育が行われます。  

 例えば、医学や生物学への応用に向けた新たな物理計測法や磁気共鳴映像法、また、レーザー工学や光情報処理、X線工学などのフォトニクス技術、各種粒子線や放射線を駆使した新たな計測法、プラズマ核融合や原子核工学などエネルギーと環境に関する技術といった、将来の社会で必要とされる先端的工学分野に進むための教育がなされます。 

この様な未踏の領域を開拓するには、確固たる基礎に立脚しつつ、他方では予期しない難問にも対処し得る能力と、柔軟な発想が要求されます。  

 応用物理主専攻では、基本的な専門科目を重視しつつ先端的な専門科目を取り入れて、この様な分野で力が発揮できる、既存の専門分野にとらわれない、創造性あふれた人材を育成することを目的としています。 

 

カリキュラム

応用数学、量子光学、制御工学、統計力学、物理計測、光学、固体物理学、数理工学、原子核工学、プラズマ工学、量子力学、応用物理専攻実験、卒業研究など
 

研究室紹介

研究室名 教員名 研究内容
応用X線光学研究室(渡辺研究室) 渡辺 X線光学と応用光学。特に、高分解能のX線顕微鏡開発を行う。研究対象は、細胞等の生体試料や機能材料の微細構造。
プラズマ研究センター(片沼・江角研究室) 片沼・江角 タンデムミラー型磁場閉じ込め装置ガンマ10を用いた、核融合の基礎研究。核融合プラズマの物理過程の実験的及び理論的研究を行なっている。
応用光学研究室(伊藤研究室) 伊藤 光計測、画像処理を中心とした光学の応用技術。光コヒーレンストモグラフィー、計測光学、機能性光デバイス、ホログラフィーなどの研究をしています。
応用原子物理研究室(富田・関場研究室) 富田・関場 原子・分子、原子クラスターなどの加速ビームと物質の相互作用に基礎を置く応用原子物理学の研究、およびそれらに関連した新規物理計測法の開発研究。
半計算物性物理学研究室(小林伸彦研究室) 小林伸彦 コンピュータシミュレーションによる物質設計。原子細線、単一分子などのナノスケール構造体の電子・スピン伝導の理論予測とそのための計算理論開発。
NMRイメージング研究室(巨瀬・寺田研究室) 巨瀬・寺田 切らずに中身が良く分かるMRI(磁気共鳴イメージング)の研究.医学診断用の小型MRIや,小さな試料のためのMRマイクロスコープの開発。
表面科学研究室(佐々木・山田研究室) 佐々木・山田 表面は物質が外部に接して直接働きかける重要な部分である。ミクロとマクロから表面の性質を計測、制御し、我々の役に立つ表面新物質の創成を目指す。
蛋白質学研究室(白木研究室) 白木 ポリペプチド凝集のテクノロジーを研究しています。タンパク質やペプチドの凝集形成を制御する方法を開発し、バイオテクノロジーやナノテクノロジーに利用しています。
非線形フォトニクス研究室(服部・加納研究室) 服部・加納 レーザーからの強い光で引き起こされる非線形光学過程を用いた各種分光法・計測法の開拓と応用。特にテラヘルツ波とコヒーレント・ラマン散乱の生命科学,材料科学,医学などへの応用。
人工ナノ構造物性研究室(藤田・伊藤研究室) 藤田・伊藤 電子・イオンビームを用いたナノ加工技術、ナノ3次元構造体形成技術と物性制御の研究。カーボンナノチューブの固相成長、バイオセンサー応用。
計算光学研究室(安野研究室) 安野 光計測、画像処理を中心とした光学の応用技術。光コヒーレンストモグラフィー、計測光学、機能性光デバイス、ホログラフィーなどの研究をしています。
超高速光物性研究室(長谷研究室) 長谷 超短パルスレーザを用いた半導体・誘電体等の光物性、特に電子や格子の動きを1000兆分の1秒単位で捉える研究。また、光デバイス創成への応用。
ナノ半導体・ナノ加工研究室(牧村研究室) 牧村 ナノ構造の創製と機能化の研究:特に、レーザーを用いたSiナノ結晶・ナノ細線の創製、SiO2のナノ加工、及び水素・酸素修飾法、不純物ドーピング法による新機能発現。