概要

現在の科学技術の多くが物理学に基礎を置いています。 応用物理は将来の高度産業社会を支える基盤技術の研究開発を行う学問分野です。 この主専攻では、先端的な計測技術をはじめ、工学の基盤となるさまざまな物理的手法に関する教育が行われます。  

 例えば、医学や生物学への応用に向けた新たな物理計測法や磁気共鳴映像法、また、レーザー工学や光情報処理、X線工学などのフォトニクス技術、各種粒子線や放射線を駆使した新たな計測法、プラズマ核融合や原子核工学などエネルギーと環境に関する技術といった、将来の社会で必要とされる先端的工学分野に進むための教育がなされます。 

この様な未踏の領域を開拓するには、確固たる基礎に立脚しつつ、他方では予期しない難問にも対処し得る能力と、柔軟な発想が要求されます。  

 応用物理主専攻では、基本的な専門科目を重視しつつ先端的な専門科目を取り入れて、この様な分野で力が発揮できる、既存の専門分野にとらわれない、創造性あふれた人材を育成することを目的としています。 

 

カリキュラム

応用数学、量子光学、制御工学、統計力学、物理計測、光学、固体物理学、数理工学、原子核工学、プラズマ工学、量子力学、応用物理専攻実験、卒業研究など
 

研究室紹介

研究室名 教員名 研究内容
プラズマ物理工学研究室(江角研究室) 江角 直道 プラズマ研究センターのミラー型プラズマ装置を用いて、先進的計測手法を駆使した核融合プラズマの理解とその制御方法の研究を行なっています。
応用光学研究室(伊藤・渡邉研究室) 伊藤 雅英・渡邉 紀生 光計測、画像処理を中心とした光学の応用技術。光コヒーレンストモグラフィー、計測光学、機能性光デバイス、ホログラフィーなどの研究をしています。
応用原子物理研究室(冨田研究室) 冨田 成夫 原子・分子、原子クラスターなどのイオンビームを用いた応用原子物理学の研究および新規物理計測法の開発。宇宙線による地球環境への影響の機構の解明。
計算物性物理学研究室(小林研究室) 小林 伸彦 量子論に基づくコンピュータシミュレーションによる物質設計。原子細線、分子、有機半導体などナノスケール構造体の電子状態理論、電荷・スピン・熱伝導の理論。
NMRイメージング研究室(寺田研究室) 寺田 康彦 切らずに中身が良く分かるMRI(磁気共鳴イメージング)の研究。医学診断用の小型MRI や、小さな試料のためのMR マイクロスコープの開発。
表面科学研究室(佐々木・山田研究室) 佐々木 正洋・山田 洋一 走査トンネル顕微鏡、超音速分子線、電界放射顕微鏡などの顕微鏡を使って、有機エレクトロニクス材料や水素テクノロジー材料のナノレベルの物理化学を研究しています。
蛋白質学研究室(白木研究室) 白木 賢太郎 ポリペプチド凝集のテクノロジーを研究しています。タンパク質やペプチドの凝集形成を制御する方法を開発し、バイオテクノロジーやナノテクノロジーに利用しています。
非線形フォトニクス研究室(服部・加納・游研究室) 服部 利明・加納 英明・游 博文 テラヘルツ波による分光研究、イメージング、新しい計測法の開発。非線形ラマン分光を用いた新しい分子イメージング法の開発と生命科学・医学への応用。
人工ナノ構造物性研究室(藤田・伊藤研究室) 藤田 淳一・伊藤 良一 グラフェン・カーボンナノチューブなど炭素系ナノ材料の合成・物性評価及び電子デバイス応用の研究を行っています。また、電子顕微鏡・走査プローブ顕微鏡を用いた高感度計測技術の開発も行っています。
医療イメージング研究室(安野研究室) 安野 嘉晃 光計測を核技術として、光コヒーレンストモグラフィー、医療トモグラフィーの研究をしています。
超高速光物性研究室(長谷研究室) 長谷 宗明 超短パルスレーザーを用いた半導体・誘電体等の光物性、特に電子や格子の動きを1000兆分の1秒単位で捉える研究。また、光デバイス創成への応用。
軟X線極微細加工研究室(牧村研究室) 牧村 哲也 レーザーにより発生した軟X線と物質との相互作用およびそれを応用したマイクロ・ナノ加工。
走査電子顕微鏡研究室(関口・早田研究室) 関口 隆史・早田 康成 走査電子顕微鏡(SEM)の基礎と応用。電子光学や電子ビームと物質の相互作用の研究と電子ビームによる新たな計測技術の開拓を進めています。
超高速構造ダイナミクス研究室(羽田研究室) 羽田 真毅 極短パルス電子線を用いた「分子動画」の撮影。主に光反応性・応答性物質の機能解明に関する研究を行っています。
水素量子アトミクス研究室(関場研究室) 関場 大一郎 水素吸蔵合金など、水素と金属がかかわる物質について、放射光、イオンビーム分析などを用いて電子状態や原子構造を調べています。最も軽い元素である水素の不思議な振舞いを研究します。