科目名
(英訳)
応用理工学情報処理
Introduction to Information Processing
標準履修年次 2 単位数 1.5
科目番号 開設曜時限 実施学期 担当教官名 研究室 電話
FF15414 (1班)月5秋学期前島展也3F634029-853-5036
FF15424 (2班)水5秋学期安野嘉晃3F702029-853-5217
FF15434 (3班)金5秋学期渡辺紀生3F624029-853-5318

授業概要

C言語を用いたプログラミングに関して、その基礎を演習により学ぶ。

授業内容

C言語の基本からファイル処理までを教科書に沿って演習形式で学ぶ。ただし教科書8章の関数形式マクロと列挙体、9章及び11章は省略する。以下の項目について学習する。
1.演算子、2.型、3.流れの分岐(if, switch)、4.繰り返し(do, while, for)、5.配列、6.関数、7.ポインタ、8.構造体、9.ファイル処理。

成績評価規準

全クラス共通試験(期末試験)と演習課題の成績及び出席状況から判定する。共通試験30%、演習課題評価40%、出席30%の比率とする。

試験日程予定

通常の試験期間に実施予定。

教科書

新・明解C言語入門編 柴田望洋著 SBクリエイティブ株式会社 ISBN978-4-7973-7702-6

学習上の注意

講義は全学計算機システム共通教育システムの端末室(3D207)で行うが、この端末室のコンピューターは随時利用可能であるので積極的に利用して習熟してほしい。

履修上の注意

1)本科目の開始前に端末室(3D207)においてそれぞれ自分のパスワードをチェックし、コンピューターにログインできるようにしておくこと。
2)この科目では、コンピューターのキーボードのキーを捜さずに打てることを前提条件に演習を進める。キーボードに不慣れな学生は事前に練習して慣れておくこと。
3) 提出された演習課題には、まれに他の学生の作成したプログラムをそのままコピーして提出したのではないかと思われるものがある。他人の作成したプログラムを提出したことが判明した場合には、直ちにその学生を受講放棄したものとみなす。