科目名
(英訳)
化学IIIB
Chemistry III B
標準履修年次 3 単位数 1.5
科目番号 開設曜時限 実施学期 担当教官名 研究室 電話
FF25061 (応用物理)水2秋学期辻村清也3F2025358
FF35061 (電子・量子工学)
FF45061 (物性工学)
FF55061 (物質・分子工学)

授業概要

化学IIIAに引き続き,化学IIIBでは化学平衡の応用(酸塩基,緩衝作用,溶解度),
反応速度論を学習する.

授業内容

化学平衡の応用(酸塩基平衡,緩衝液,溶解度平衡)

反応速度論
(1) 反応速度
(2) 反応速度の温度依存性
(3) 反応機構
(4) 溶液内反応
(5) 酵素反応など

成績評価規準

中間試験(化学平衡),学期末試験(反応速度論)(出席点を考慮する)

試験日程予定

原則として学期末試験期間中に行う

教科書

教科書「アトキンスの物理化学要論(第5版)」(東京化学同人)
参考書「アトキンス物理化学(上・下)」,「マッカーリ サイモン 物理化学(下)」

学習上の注意

教科書あるいは参考書を利用し,授業内容に限らず幅広く学習を行い,物理化学の理解を深めることが望ましい。化学IIA,B,化学IIIAで学習したことは各自復習をしておくことが望ましい。

履修上の注意

化学IIA,B,化学IIIAで習った物理化学を基礎に授業をおこなうため,化学II,化学IIIAを履修していること,あるいは化学熱力学の基礎をあらかじめ習得していることが望ましい。平成24年度以前入学者には「化学ⅢA・ⅢB」を併せて「化学Ⅲ」に読み替える。