科目名
(英訳)
光物性工学
Optical Properties of Materials
標準履修年次 3 単位数 1.5
科目番号 開設曜時限 実施学期 担当教官名 研究室 電話
FF26011 (応用物理)水4秋学期日野健一3F630853-4994
FF36011 (電子・量子工学)
FF46031 (物性工学)
FF56011 (物質・分子工学)

授業概要

この講義では、種々の物質の光応答・光機能を電磁波に対する電子やイオンの応答というミクロな視点で理解することを目標とする。具体的には、固体による光の吸収・反射・屈折、分子の振動や電子励起による光吸収、種々の発光デバイス材料における発光過程などを対象とする。授業に並行して演習も行う。

授業内容

1. 媒質中の電磁波
2. 誘電率の分散理論
3. 光と物質の相互作用の量子論
4. 固体中の光遷移過程

成績評価規準

期末試験により評価。

試験日程予定

試験期間中

教科書

参考書
「固体スペクトロスコピー」大成誠之助著(裳華房)
「光物性物理学」櫛田孝司著(朝倉書店)
”Optical Properties of Solids 2nd edition” Mark Fox (Oxford)

学習上の注意

実世界の、ほぼあらゆるところで、光物性工学でまなぶ基礎的な事柄が顔を出すといっても過言ではない。本講義を学んでおくと、将来あなたの職場できわめて有用であることに気がつくことでしょう。本講義の内容の習熟に心がけよう。

履修上の注意

電磁気学(マックスウェル方程式、電磁波)と力学(強制振動)をあらかじめ理解しておいてください。量子力学Iも理解してください。カリキュラムでは並行履修になりますが、量子力学IIも理解しておいた方が望ましいです。