科目名
(英訳)
誘電体工学
Introduction to Dielectrics
標準履修年次 3 単位数 1.5
科目番号 開設曜時限 実施学期 担当教官名 研究室 電話
FF36091 (電子・量子工学)金4春学期小島誠治3F6135307
FF46071 (物性工学)
FF56051 (物質・分子工学)

授業概要

電子材料、光学材料として多岐に及ぶ用途がある強誘電体の基礎について学ぶ。応用において重要な誘電的性質、圧電性、焦電性などの物理的な性質を説明し、強誘電相転移に伴うこれらの物理的性質の変化や相転移の基礎理論を学ぶ。また、最近の工学的応用について触れる。

授業内容

1.強誘電体の基礎物性
2.誘電的性質、圧電性、焦電性、電気光学効果、非線形光学効果
3.主要な強誘電体
4.強誘電相転移の基礎
5.最近の産業応用例

成績評価規準

出席票への記入、レポート課題の提出、期末試験を基本とする。

試験日程予定

試験週間に行う。

教科書

適宜プリントを配布する。参考書として、高重正明著 物性科学入門シリーズ 「物質構造と誘電体入門 」、掌華房

学習上の注意

復習をすること。

履修上の注意

平成24年度以前入学者に対しては、電子・量子工学主専攻では「半導体物性工学」に、物性工学主専攻、物質・分子工学主専攻では「磁性体・誘電体工学」に読み替え可。