科目名
(英訳)
統計力学II
Statistical Mechanics II
標準履修年次 3 単位数 1.5
科目番号 開設曜時限 実施学期 担当教官名 研究室 電話
FF46011 (物性工学)火4秋学期鈴木修吾3F5356859
FF56141 (物質・分子工学)

授業概要

「統計力学Ⅰ」に引き続き、キッテルの教科書「熱物理学」の7章以降について講義を行う。
量子力学に従う粒子の集団としてのフェルミ気体・ボース気体、化学平衡・相平衡、相転移、半導体統計について解説する。

授業内容

 1)統計力学の基本仮定
 2)古典理想気体
 3)モード・軌道の状態密度
 4)フェルミ気体とボース気体
 5)自由エネルギー
 6)化学平衡と相平衡
 7)スピン系の磁性
 8)二元混合物
 9)低温学
10)半導体統計
11)気体運動論

成績評価規準

授業ノート、レポート、期末試験の結果をもとに総合評価

試験日程予定

期末試験:試験期間中の正規の試験日を予定

教科書

教科書:
キッテル 「熱物理学」(丸善) 7章以降を取り扱う。

学習上の注意

毎回授業ノートをきちんと取るとともに、各自で演習問題を解いてみること。自ら手を動かすことで授業の内容をより深く理解できるようになる。

履修上の注意

本講義の内容は「統計力学Ⅰ」の内容と連続しているため、「統計力学Ⅰ」を習得済みであることが望ましい。最初の講義で、統計力学Ⅰのエッセンスについての解説は行う。