科目名
(英訳)
集積回路工学
Integrated Circuit Technology
標準履修年次 3 単位数 1.5
科目番号 開設曜時限 実施学期 担当教官名 研究室 電話
FF36131 (電子・量子工学)水1秋学期蓮沼隆3F6125367

授業概要

集積回路の概要、基本構造と作製方法、構成素子、回路単位などを概述し、集積回路技術の基本的な理解を図る。

授業内容

1. 集積回路概要
2. MOSトランジスタの説明
3. LSIの製造方法
4. MOS論理回路の構成と論理ゲート
5. フリップフロップ回路について
6. メモリ回路

成績評価規準

レポート、期末試験により成績評価する。

試験日程予定

教科書

教科書:なし
参考書
田丸啓吉・野澤博 集積回路工学  共立出版
他に参考書として、武石・原「MOS集積回路の基礎」近代科学社、榎本忠儀「CMOS集積回路」、名取晃子「半導体物性」 共に培風館、永田穣・柳井久義「集積回路工学(1)、(2)」コロナ社、S.M.Sze「Semiconductor Devices Physics and Technology」 Wiley、 など。

学習上の注意

内容が、基礎から積み重ねられて行くので、必ず遅刻せず講義の初めから聴講すること。講義の内容を忘れないうちに、必ず復習をしておくこと。

履修上の注意

固体物理学I、半導体物性工学、半導体電子工学などと並行して履修することが望ましい。