科目名
(英訳)
有機化学A (in English)
Organic Chemistry A
標準履修年次 3 単位数 1.5
科目番号 開設曜時限 実施学期 担当教官名 研究室 電話
FF56111 (物質・分子工学)火5春学期後藤博正3F5135128

授業概要

講義はすべて「英語」で行う。専門用語は日本語と英語の両方覚える必要があるので、板書は日本語と英語の両方を併記する。

有機化合物の分子構造と反応の関係を理解する。有機化学の概要を学んだ後、各化合物の特徴、命名法と性質、合成法、構造、反応性を理解する。

授業内容

1.有機反応機構
2.付加反応
3.求核置換反応
4. 脱離反応

成績評価規準

期末試験と出席、レポート、演習

試験日程予定

学期末に行う

教科書

ハート基礎有機化学(3訂版)培風館 (標準教科書とする)

学習上の注意

授業を通して、有機化学の基礎を学ぶとともに、有機物質・反応の本質を理解し、有機材料への応用展開ができるよう学習する。

履修上の注意

簡潔な英語で説明を行うので専門用語以外は聞き取りは容易であると思われる。本受講は将来国際舞台で活躍する際の役にも立つ。
 
基礎有機化学の事前受講を勧める。教科書に沿って進めるので「ハート基礎有機化学(3訂版)培風館」を入手のこと。古い版の場合、一部内容が変わっている。「有機化学A・B」を併せて平成24年度以前履修要覧における「有機化学」に読み替え可。