概要

エレクトロニクスとそれを支える固体電子物理の融合した世界では、原子・分子の配置を制御し、固体の性質をデザインするナノメートル(100万分の1ミリメートル)サイズの工学が始まろうとしています。

そこでは、新しい物理現象の発見や新しい原理で動く電子素子の発明も夢ではありません。

一方、21世紀は高度情報化社会といわれています。それを実現するのはコンピュータを中心とする電子機器であり、その心臓部が超LSI、センサーを始めとする電子素子です。

本専攻では、このような新しいエレクトロニクスを開拓できる技術者、研究者を育成することが目標です。
必要な基礎を習得した上で、深く専門を極める能力が身に付くように、また、広い視野で物事を把握して新しい電子・量子システムを柔軟に発想できるように教育を行います。

ここでは電子工学(トランジスタ、半導体レーザー、太陽電池、集積回路など)や固体電子物理(半導体中の電子の振る舞いや、電子と光の相互作用など)の基礎のほか、量子効果を利用した新しい極微細電子素子を学びます。 
 

カリキュラム

半導体電子工学、電子・量子デバイス工学、エレクトロニクス、光エレクトロニクス、半導体物性工学、集積回路工学、固体電子論、光変換工学、量子力学、統計力学、電子・量子工学専攻実験、卒業研究など
 

研究室紹介

研究室名 教員名 研究内容
光半導体材料研究室(櫻井研究室) 櫻井 無機、有機半導体材料の作製と光物性の研究および光デバイス、太陽エネルギー利用技術、光メモリへの応用。
陽電子消滅研究室(上殿・Selvakumar研究室) 上殿・Selvakumar 電子の反物質である陽電子を用いた材料評価法の開発と、エレクトロニクス材料(金属,半導体,絶縁体,高分子等)の物性を研究する。
化合物半導体研究室(大井川研究室) 大井川 無機有機に拘わらず、金属・半導体・絶縁体等の広範な電子材料に関する、表面界面およびバルクの構造物性解明と新/多機能電子・量子素子への応用。
磁気機能工学研究室(柳原・Sharmin研究室) 柳原・Sharmin ナノ構造材料(金属・酸化物超格子薄膜、超微粒子、カーボンナノチューブ)の作製 による新しい磁性材料や電子材料の研究。
デバイス物理研究室(佐野・植田研究室) 佐野・植田 近未来のナノスケール半導体素子のコンピュータを用いたシミュレーションとそのための半導体物理の理論研究。
極限計測・ナノテクノロジー研究室(重川・武内研究室) 重川・武内 ナノスケールの極微な世界をフェムト秒の超高速現象まで含めて観測する新しい手法を開発し、新物質の創成や新奇機能材料開発のための基礎研究を行う。
環境半導体・磁性体研究室(末益・都甲研究室) 末益・都甲 資源が豊富な元素からなるSiベースの新しい半導体、強磁性体を結晶成長し、新規な発光素子、高効率太陽電池の実現を目指しています。
ナノ構造制御研究室(蓮沼研究室) 蓮沼 人工知能を支える集積回路技術であるナノテクノロジーに向けて極薄絶縁膜、極細線金属、新機能薄膜の形成・評価・信頼性の基礎研究。
パワエレ研究室(只野・岩室・磯部・矢野研究室) 只野・岩室・磯部・矢野 パワーエレクトロニクス技術には材料から最終製品・システムを見据え,相互に強く連携した研究・開発が必要不可欠であると考えます。材料からシステムまでトータルで研究・開発が可能な研究グループの形成と,それを実行する人材育成を目指していきます。
光・半導体スピンエレクトロニクス研究室(大野研究室) 大野 量子情報・低消費電力技術に向けて、下記の研究を行っています。
 1. 半導体への電気的スピン注入とその検出。
 2. 半導体量子構造におけるスピンダイナミクス制御。
 3. 半導体中におけるスピン流生成と検出。
梅田研究室 梅田 スピン共鳴分光技術を利用した, 大規模集積回路やナノスケール半導体素子の高性能化(特に低消費電力性能)の研究。