概要

物性工学主専攻では物質のミクロな性質(物性)を物理学の視点からとらえ、実社会への還元を考えます。
   
コンピュータ、自動車、通信機器、人工衛星など現在の先端的工業製品には金属・半導体・絶縁体の機能が巧みに利用されています。
たとえば、トランジスタ、メモリ、固体レーザや、光・磁気記録、環境に対する各種センサー、形状記憶素子などがあり、省エネルギー材料として期待される高温超伝導体の発見とともに物性工学の研究成果といえます。

将来の科学技術の基盤となる物質の機能を充実させるためには、超伝導、磁性体、半導体、誘電体、金属などを対象に、物質のミクロな科学を基礎として理解を深める必要があります。
また、新しい機能は従来の物質の形態を越えた人工格子・アモルファス・ナノ結晶など新しい構造でも実現でき、研究開発の重要な手法となります。

これらをふまえ、将来の科学技術を支える物質の新しい機能を引き出し、応用に導く技術者・研究者を養成するのが物性工学主専攻の教育目的です。 
 

カリキュラム

固体物理学、半導体物性工学、固体電子論、金属物性工学、光物性工学、超伝導工学、磁性体工学、誘電体工学、量子力学、統計力学、物性工学専攻実験、卒業研究など
 

研究室紹介

研究室名 教員名 研究内容
低温光学研究室
(池田研究室)

池田 博 マイナス269℃における低温工学および環境に配慮した冷凍機に使用する酸化物蓄冷材の開発
結晶物理研究室(高橋研究室) 高橋美和子 X線、電子線、放射光および中性子散乱法を用いた磁性合金、低次元物質等の構造と物性の関連性についての研究。
超伝導物性工学研究室(門脇・柏木研究室) 門脇和男
柏木隆成
新しい高温超伝導体の探索および単結晶育成とナノテクノロジーなどを用いた特性測定による高温超伝導の物理現象の解明。
原子操作ナノテクノロジー研究室(木塚研究室) 木塚徳志 物質原子の直接観察およびそれを目の前で操り新しい物質に造りかえるナノファクトリーの開発.金の原子を1つずつ1列に並べた原子ネックレスの作成とその電気伝導と強度の測定。
半導体スビントロニクス研究室(黒田研究室) 黒田眞司
金澤 研
電子のスピンを利用した新しいエレクトロニクス(スピントロニクス)の創製を目指した研究。原子の磁石を埋め込んだ新しい半導体材料の探索・物性研究。
量子物性分子理論研究室(小泉研究室) 小泉裕康 遷移金属を含む物質の理論的研究。現在の中心課題は銅酸化物高温超伝導機構の解明。電子スピンを利用したスピントロニクスの研究も行っている。
低温材料研究室(古谷野研究室) 古谷野有 ニッケルアレルギーを起こさない錆びない鉄である窒素鋼の焼き入れ(=マルテンサイト変態)と磁気特性そして製造法に関する基礎研究をしています。
物質科学理論研究室(鈴木修吾研究室) 鈴木修吾 物質の構造と電子状態の高精度計算による理論的解析およびこれに基づく新機能性物質の探索。特に、物質の電子状態における相対論効果に関する理論的研究。
無機系エネルギー・環境材料研究室(鈴木義和研究室) 鈴木義和 太陽電池やディーゼル粒子除去フィルターなどエネルギー・環境応用向けの新しい無機材料の開発。
凝集系(量子物性)理論研究室(竹森研究室) 竹森 直 計算機シミュレーションなどの理論的手法を用いた物質の性質の理解と応用。例えば分子・電子・光の間の相互作用に基づいた生体分子機能の解明。
ナノ金属材料研究室(谷本研究室) 谷本久典 金属系ナノ構造材料(アモルファス合金、超薄膜、ナノ結晶、超微粒子)の力学特性(弾性率や強度など)や構造などについて調べ、その応用を目指す。
光物性理論研究室(日野・前島研究室) 日野健一
前島展也
光(レーザー)と物質(原子・分子・固体)の相互作用により引き起こされる諸現象の理論的研究。特に、レーザーによる量子状態の制御やダイナミックス。
固体光物性工学研究室(松石研究室) 松石清人 光を使った半導体関連物質の物性研究と応用。特に、非晶質、低次元系、量子ドットの光誘起現象、相転移現象、超高圧物性の研究と新光機能性物質の開発。
有機半導体物性工学研究室(丸本研究室) 丸本一弘 新しい機能性物質の開拓・物性研究およびデバイスへの応用研究。特に、導電性高分子などを用いた有機半導体デバイスの開発と物性評価および特性制御。
南研究室 南 英俊 固体物理,金属・半導体相転移,高温超伝導,構造相転移などの機構解明,レーザーアブレーションによる薄膜作製の研究。
機能性金属材料研究室(金研究室) 金 熙榮 形状記憶合金の開発(Ti-Ni合金、形状記憶薄膜、マイクロアクチュエータ素子、生体材料) と物性研究(相変態、形状記憶効果、超弾性)。
超伝導量子デバイス工学研究室(辻本研究室) 辻本 学 超高速・高感度・位相敏感計測を実現する量子デバイス、特に超伝導体の量子物性を利用した超伝導量子デバイスを開発する。最先端の微細加工技術と極低温実験技術を駆使した工学的アプローチによって、量子物性の学理究明と応用を目指す。