概要

私たちが出会う興味ある現象の多くは、分子の性質によって理解できます。
本主専攻では、分子の概念を基礎に、物質の性質を理解し、それを私たちの生活に役立てることを目指します。

具体的には、誘電性ポリマーや有機磁性体のような新規な有機材料の開発、二酸化炭素をメタノールのような有用な物質に変換する触媒の開発、高温超伝導や二次電池用の新規セラミックスの開発、酵素のような反応選択性の高い生体機能物質を利用した高純度、高活性な薬剤合成法の開発とバイオセンサーへの応用、100%の効率で太陽光を電気エネルギーに変換する植物の光合成のメカニズムの解明などを学びます。

分子から高分子、さらに分子固体や生体へと続く物質の流れは、主に化学を基礎とする学問により扱われます。
しかし、分子は原子と電子から成り立っているので、それを扱う量子物理学も物性を基礎から理解する上で不可欠です。

基礎により裏打ちされた物質、分子像に関する教育により、工学から理学にわたる広い分野に柔軟に対応できる人材を育てます。
 

カリキュラム

有機化学、無機化学、化学熱力学、固体物理学、生物工学、セラミックス工学、表面界面工学、原子分子論、量子化学、量子力学、統計力学、物質・分子工学専攻実験、卒業研究など
 

研究室紹介

研究室名 教員名 研究内容
生物物理・化学物理研究(岡田研究室) 岡田 朗 電子移動反応、光学過程、化学反応などの素過程理論。生体中の反応、ナノマテリアル中の電子移動反応などを物理学に基づいて理論的に調べています。
機能性高分子設計研究室(神原・桑原研究室) 神原 貴樹・桑原 純平 有機金属化学・錯体化学の観点から、新しい光機能・電子材料並びに触媒として注目される機能性高分子・錯体の創製とその展開研究を行っています。
機能性有機物質開発研究室(木島・川島研究室) 木島 正志・川島 英久 共役系高分子の設計合成、炭素系物質・構造体の調製、藻類等バイオマスの有効利用・変換による機能性物質・材料の開発研究をおこなっています。

テラヘルツ帯分光研究室(森研究室)

森 龍也 テラヘルツ帯の赤外・ラマン分光装置を主軸とし、凝縮系の物性研究を行っています。最近は、ガラスにおいてテラヘルツ帯に普遍的に現われるボソンピーク研究に力を注いでいます。
合成金属研究室(後藤研究室) 後藤 博正 液晶を用いた光学活性な導電性高分子の合成に関する研究。電気伝導性、発光性および、旋光性をもつポリマーの合成・評価を行っている。
光合成・光治療研究室(小林正美研究室) 小林 正美 葉緑素の中心金属は,細菌から高等植物まで全てMg だと思われていましたが,ある種の植物ではZnであることを発見。また、葉緑素による光治療にも挑戦!
化学・バイオマイクロシステム研究室(鈴木博章研究室) 鈴木 博章 マイクロマシーニング技術を応用した、マイクロバイオセンサ・化学センサを含む新規な生物・化学デバイスに関する研究。
生物電気化学研究室(辻村研究室) 辻村 清也 いつでもどこでも電気を得ることができる未来の発電装置の開発を目指し、ナノ電極材料や電極上での酵素反応に関する研究を行っています。
先端機能性物質研究室(所研究室) 所 裕子 光などの外部刺激に応答して、光学的・磁気的・電気的特性が変化するような材料の開発を行っています。金属錯体や金属酸化物が主な研究対象物質です。
原子分子光理論研究室(仝研究室) 仝 暁民 第一原理に基づく大規模な数値計算で強レーザーにおける原子分子動的な過程の理解と強レーザーでの量子状態制御方法の探索を行っています。
バイオマテリアルズ研究室(長崎・大石・池田研究室) 長崎 幸夫・大石 基・池田 豊 生体環境下で機能するバイオマテリアルの設計と評価。特にナノバイオマテリアルによる新しい創薬やドラッグデリバリーシステム設計と評価に関する研究を中心に行っています。
触媒表面化学研究室(中村・武安研究室) 中村 潤児・武安 光太郎 新奇炭素材料を用いて、室温でCO2 からアルコールを合成する触媒や固体高分子形燃料電池の白金代替触媒の開発に挑戦しており、ミトコンドリア代謝機構の研究へも展開しています。
分子集積ナノマテリアル研究室(山本・山岸研究室) 山本 洋平・山岸 洋 パイ共役分子(有機低分子・高分子)や生体分子からなる分子集積材料の構築と光・電子機能、エネルギー変換機能の発現に関する研究を行っています。